net/ndtpc: NDTP クライアントライブラリ

net/ndtpc とは

Ruby で ndtp サーバに接続するためのライブラリ(とコマンドライン上でのアプリケーション)です。

インストール

net/ndtpc のインストールには Ruby/Romkan が必要です。 Ruby/Romkan については http://namazu.org/~satoru/ruby-romkan/ から入手できます。

ndtpc.rb および dics の一行目を必要に応じて書換えてください。次に、 ndtpc.rb の DEFAULT_SERVER_NAME および DEFAULT_PORT を必要に応じて書換えてください。

JDIC を環境に応じて変更してください。 ndtpc の辞書検索では、和英や国語辞典などの場合に、自動的にローマ字→ひらがな変換をしています。そのための辞書のリストが JDIC です。

ndtpc.rb を適当な Ruby のライブラリサーチパスに、 dics を適当なコマンドサーチパスにそれぞれコピーしてください。

API

Net::NDTPC.new(hostname, port)
新しいndtp接続を開始します。接続相手は hostname、ポート番号は port です。省略した場合、両方とも初期値は "ndtp" となります(スクリプトを変更してない場合)。
Net::NDTPC#quit()
サーバとの接続を閉じます。
Net::NDTPC#now()
現在の辞書名を返します。
Net::NDTPC#diclist()
現在の辞書リストを返します。
Net::NDTPC#set_dic(dicname)
辞書の切替を行います。 dicname には辞書の名前が入ります。
Net::NDTPC#next_dic()
「次」の辞書に切り替えます。 set_dic(dicname) および next_dic() は内部で保持する辞書リストを更新しますので注意してください。
Net::NDTPC#search(pat)
辞書からパターンに合致するものを検索します。このメソッドの段階ではフレーム名とオフセットを得るだけで、実際の内容は獲得されません。
Net::NDTPC#show(pat)
辞書からパターンに合致するものを検索し、その結果を文字列にして返します。引数が与えられない場合は、前回 search した結果を返します。
Net::NDTPC#now_jdic?()
現在の辞書名が、予め登録されている「変換の必要のある辞書」にあるかどうかチェックし、真偽値を返します。
Net::NDTPC#get_auth()
サーバを利用するための使用許可を得ます。この処理は initialize に含まれるので、ユーザが明示的に実行する必要はありません。
Net::NDTPC#set_dicname()
サーバに辞書のリストを問合せ、内部状態を更新します。更新結果も返しますが、基本的には下記 diclist() メソッドのみを用い、こちらをユーザが明示的に実行する必要はないでしょう。
String#jreverse
補助的なメソッドです。与えられた文字列を日本語で逆順にします。jreverse!もあります。

使用例

添付の dics を参照してください。

ライセンス

Ruby と同じライセンスに従います。

ダウンロード

http://www.ayu.ics.keio.ac.jp/~mukai/programs/ndtpc-0.1.tar.gzよりダウンロードできます。


MUKAI, Jun <mukai@ayu.ics.keio.ac.jp>